FC2ブログ

オッターテイルとリッジバックの使い分け

先日の丹後釣行ブログに、コメントをいただきました。

書いていたら長文になってきたので、こちらで(^^;)


オッターテイルとリッジバックの使い分けですが、今回はスピードと高さ(中層まで)を要した為、こちら側の都合でローテーションしました。

二枚潮がキツい時はオッターテイル。

緩い時間帯は、よりアピールの強いリッジバック。

負担を均一にする感じです。


はっきりとした時合いは無いが型が期待できるので、体力優先のローテーションです。休まない為の(^^;)


体力・タックル等、条件は様々ですが、速いコンビネーション中に、緩い【喰わせ】を丁寧に入れる事は意外と難しいと感じます。


ついでに

BREED的な『丁寧に』は、2点。

①ロングジャーク時、初速を抑える

②ジグが真っ直ぐな状態からロングジャーク

強く弾き、ジグが横を向いた状態からのロングジャークは、負担が大きい上に、効果が薄く感じられます。






オッターテイルが有利な条件
・メインベイトが大型の魚
・長いフォールに反応が良い
・強く弾くジャークに反応が良い
・中層でアタる

リッジバックが有利な条件
・メインベイトがイカ
・巻き中心でアタる
・ボトム付近でバイトが多い
・混雑時


結局は…実践からの消去法ですね(^^;)

それだけに、当った時の喜びは格別です。



寒鰤シーズン、大場所でアルミ落としてみて下さい(^^)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

再び失礼します^^

オッターテイルとリッジバックの分かりやすい説明ありがとうございます‼︎
頭に叩き込んでおきます‼︎

“丁寧に”っていうのもなかなか凡人にはたどり着けない発想で勉強になりました^^;

何事も“丁寧”が大切なんですね☆

もっともっとお聞きしたい事がありますが(笑)、キリがないのでこのへんで失礼しますm(_ _)m

とりあえず、実践してみます^^

No title

いえいえ(^^;) 
ただ、非力ゆえの工夫です。
逆のパターンも充分にあり得るかと思います。
新しい釣り方を発見の際にはご一報ください(^^)
よい釣果をお祈りします。

プロフィール

breed2009

Author:breed2009
47歳♂

BREED公式ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード