FC2ブログ

タックルとフォール

『フォールスピード、遅い』と、よく言われます(-_-;)


少しでも早く着底させる為に。。

ベイトリールでキャストする様に着水手前でサミングして下さい。ルアーの尻から着水させる訳です。うまく行けば、そのままフォールします。

上手くいった時、あまりの気持ち良さに、すぐ回収してもー1度投げた事があります(^^;)
くれぐれも目的を忘れない様に。

水面でフワフワしてしまった場合は、1~2回巻き取るか、竿を高い位置に構え糸を張ります。
なるべく早い段階で、頭を上にした縦の姿勢を作り、適度にサミングしてやれば、それなりのフォールスピードを得られます。
それなりの(^^;)


タックルについての質問が多かったので紹介します。


PE3号に40ポンドのリーダーを使用しています。太くても50ポンドです。

リールはソルティガの4000番台、竿はZENAQのディフューザーの2番と3番がメインです。

志摩などのドテラ流しなら、ホッツの54Mと3番を多用します。

針はパイクの3/0を、前後に付けてます。

参考までに。。


体力のある方は、1ランク上の竿をどーぞ。


ねむ‥


おやすみなさい。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ~!
タックルについてなんですが、ディフューザーと54Mでは、かなりレングスと性質に差がありますよね?加藤さんはタックルをどのように使い分けていますか?同船させていただいた時の志摩は潮流が速くて2枚潮でした。この時、加藤さんは54Mを多用していた記憶があります。もしよろしければ、参考にしたいのでご回答お願いします!

Re: No title

こんばんわ(^^)
潮流が速い、風が強い、強く動かしたい時に54Мを使います。
できる事なら4番を使いたいのですが、体力的に無理です。。
【できる範囲】の道具を選んでます。
もう少し体を作れたら、60Мかなと思ってます。
参考になれば幸いです。

No title

ご回答ありがとうございました!なるほどでした。ドテラの状況でも、ジグを積極的に動かせる高弾性と体に優しいショートレングス。
一日中、船の上でシャクる訳ですから疲れにくいタックルって重要ですね。
参考にさせていただきます(^∀^)ノ
4日の玄達、頑張って来て下さい!
それでわ~!

プロフィール

breed2009

Author:breed2009
47歳♂

BREED公式ホームページ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード